よくあるご質問

FAQ

行政書士とは

    行政書士は具体的にどんな仕事をするんですか?

    行政書士の仕事は、各種許認可申請業務等の官公署に提出する書類や権利義務または事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務です。

    ・「官公署に提出する書類」の作成とその代理、相談業務  公官署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成、相談、提出する手続きについて代理する事を業としています。その書類のほとんどが許認可に関するもので、例えば、「建設業許可申請書」「飲食店営業許可申請書」「法人設立」「倉庫業登録申請書」などがあります。

    ・「権利義務に関する書類」の作成とその代理、相談業務 「権利義務に関する書類」とは、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類をいいます。たとえば、「遺産分割協議書」「売買契約書」「請負契約書」「任意後見契約書」「内容証明郵便」「定款」などがあります。

    ・「事実証明に関する書類」の作成とその代理、相談業務 「事実証明に関する書類」とは、社会生活に交渉を有する事項を証明するに足りる文書をいいます。たとえば、「取締役会議事録」「会計帳簿」「実地調査に基づく図面類(位置図、案内図、現況測量図等)」などがあります。

    ※ 他の法律で制限されているものについては、業務を行うことはできませんので予めご了承願います。

    行政書士に、何を相談をしたら良いかわかりません。

    まずはお気軽にご相談ください。相談内容を聞いて、行政書士の仕事に該当しないと判断した場合でも、他の専門家をご紹介できることもございますので、お気軽にお問い合わせください。

相談について

    行政書士と司法書士の違いを教えてください

    行政書士の業務は、司法機関を除く役所や官公署など行政機関に提出する書類の作成、その代理、相談業務です。司法書士の業務は、法務局や裁判所、検察庁など司法機関に提出する書類の作成です。

    ホームページに掲載されている業務しか相談できませんか?

    掲載されていない業務でも相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

    相談をしたら、必ず業務を依頼しなければならないのですか?

    そんなことはございません。相談してみないと分からないことがありますので、気になさらずお気軽にご相談ください。

    相談したいことがあるが、家に来て欲しい。

    お電話、メール等でお申し込みの際に事前にご希望の場所をご指定いただけましたら、依頼者様のご自宅にお伺いいたします。なお、お忙しくてなかなかお時間が取れないこともあるかと存じますので、職場、お店等でも可能ですので、ご指示ください。

    夜間・休日にも相談にのってもらえますか?

    当事務所の営業時間は、平日の9:00〜18:00です。その他の曜日・時間帯をご希望の場合は、平日の日中にご連絡いただきますようお願いします。

費用について

    相談料はどのくらいかかりますか?

    当事務所では、ご相談は基本的に無料にて対応しております。

    依頼したいのですが、費用はいくらぐらいかかりますか?

    報酬額はご相談内容や書類作成に要する時間・難易度よって増減いたしますので、 内容を聞かせて頂いた上でお見積りをさせて頂きます。

    お見積金額は、業務着手前にご案内いたします。

    あまり慣れていないので、不安です。

    見積書をご覧いただいてからご検討いただいて結構です。
    また、見積書の発行にともなう費用のご請求や無理な勧誘はいたしませんので、ご安心ください。

未分類